NONES
カナディアン・アカデミー・セタガヤ
CLUB Eggへ入会するNONES メールマガジン登録NONES UNIVERSITY

新開国考
「21世紀の日本の子供はユニセックスと国際化の荒波に投げ込まれる」。
この20年前に打ち立てたシミレーションは的中したようです。
また長年の海外生活から編み出した「留学」を軸にした転地教育の実践が、教育界や文部科学省でも注目される様になり嬉しく思います。
子供を育てた体験に基づく、母性的なものが果たす「世話役」ではない「守り役」で、管理教育で奥深く眠る子供の才能を引き出す後方支援ナビゲーター役を20年以上続けています。
URL http://www.canadian-academy.jp/
手前味噌にならないために、少し例を挙げましょう。

中学からイギリスに留学し、ロンドン大学院まで修了した女子は、高校時代、物理の授業でユニークな自分の考えを発表し、教師に褒められた事が切っ掛けで、それまで苦手だった理系の授業にのめり込む様になりました。
帰国した時などを利用して、毛利衛・元宇宙飛行士、現日本科学未来館館長に会わせたりする内に、益々、宇宙飛行士の夢を形にする気持ちを固めています。
また、都立高校を休学しケンブリッジの高校を卒業した男子は、服飾デザイナーの登竜門と言われるアントワープ王立美術大学を経て、ロンドンで縫製のインターンシップを続けていましたが、いよいよ男物に特化した店をロンドンでオープンする事になりました。
3年前からニュージランドで、IT時代を背景に次世代の学びの方法として、日本の通信教育と留学をパックにした「ダブルスクール」の実践が進行中です。
中学2年生でニュージランド留学に出発し、現在、17歳の男子は、今年12月で調理学校を卒業しますが、一年間の就活ビザを利用し、職歴を増やしながら、ニュージランドで起業したいと言うまでに成長しました。
一方、お父様は、第一子の移住者は、親の扶養義務があると見なされる特典を利用し、退職後はニュージランド移住も考え始めていらっしゃいます。
そして最近になって、長期留学はサラリーマン家庭にとって、大きな負担だったが、観光と教育産業に力を入れるニュージランドへの長男の留学は、先行投資になったと感謝される様になりました。

日本の管理教育では、同じ答えを早く見つける事を求められますが、ヨーロッパでは人まねが最も軽蔑され、自分の考えを持つ人間が評価されます。
CASに助けを求めて来る大半は、管理教育に反発する個性派ですが、転地教育で眠っていた才能を開花させ、夢探しの目利きでありたいと願っています。
元ジャーナリストの嗅覚で少子化、核家族、団塊の世代をキーワードに開始した「孫と留学」は、想定外の結果をもたらし、1.5年前NPO Hello Dream・3世代笑顔プロジェクトを立ち上げました。このプロジェクトには、既に少子問題大臣からもメッセージを寄せられていますが、3年目には全国レベルの運動にするつもりです。
海外で長年、ジャーナリストとして培った杵柄は、現在の仕事に大きなツールになっていますが、体内アンテナを錆付かせないために、これからも携帯電話を持たないface to faceの取材を大切にしたいと思います。
そして今後は時代性を加味した留学メニューを増やし、その結果を世の中に問い続けます。
先月から始まった青年に「生きる力」を日系牧場で体感させるブラジル留学や、これからお母さんになる女性相手の、女磨きのプチ留学にも心が踊ります。
21世紀の世界はポスト工業化の「女時」に突入しています。
ボーダーレス時代に子育てする女性には、体内アンテナを磨き、多様な体験を咀嚼し内なる引き出しに保存する習慣を、体質化して欲しいと願っています。
また21世紀の女性は、凹凸を上手く使いこなすユニセックスの時代を生き抜かなければなりません。
たおやかな自律を胸に、貴方の「夢」を起業できる時代の鼓動が聞こえませんか。

CAS代表 難波三津子
日本フリースクール協会・副理事長
NPO Hello Dream・3世代笑顔プロジェクト発起人
教育改革運動・ヒトの教育の会・常任理事
起業家アドバイザー

コメント
コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)



トラックバック
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nones.tv/mt/mt-tb.cgi/375

Channel
Monthly